イベント

〈宮古市〉防災・伝承セミナー in 岩手

イベント概要

 東日本大震災の被災地にある震災伝承施設のネットワークを推進し、地域の防災力の向上や交流促進を目的とする「3.11伝承ロード」活動の一環として、「防災・伝承セミナー in 岩手」が開催されますのでご案内します。

 本セミナーでは、「岩手県の新たな津波浸水想定と未来への備え」、「東日本大震災からの復興と教訓」をテーマとする講演のほか、「これからのまちづくりと震災伝承について」をテーマとするパネルディスカッションが行われます。

開催時間 13時30分~16時00分
開催場所 宮古市市民交流センター 2F「多目的ホール」
住所 〒027-0052 岩手県宮古市宮町1丁目1−30
連絡先 一般財団法人3.11伝承ロード推進機構 (担当:佐藤 勝也)
電話 022-393-4261
ホームページ 3.11伝承ロード推進機構 

1、開催日時

令和4年11月7日(月)
13時30分~16時00分


2、開催場所

  • 会場:

宮古市市民交流センター2F「多目的ホール」
(〒027-0052 岩手県宮古市宮町1丁目1−30)

  • WEB:

オンライン配信
※YouTube ライブにて配信します。


3、定員

  • 会場:50名
  • オンライン:300名

定員になり次第応募締切


4、開催概要

開会のあいさつ 岩手県知事 達増 拓也 氏
基調講演 テーマ「岩手県の新たな津波浸水想定と未来への備え」
(岩手大学 理工学部教授 南正昭 氏)
特別講演 テーマ 「東日本大震災からの復興と教訓」
(復興庁統括官付審議官 岡本裕豪 氏)
パネルディスカッション テーマ「これからのまちづくりと震災伝承について」
~岩手県の新たな津波浸水想定区域が公表され、まちづくりに求められるものは何か~
  • パネリスト
    山本正德 氏(宮古市長) 
    神谷未生 氏(おらが大槌夢広場代表理事)
    山崎友子 氏(岩手大学名誉教授・災害文化研究会世話人代表)
    馬場聡 氏(岩手県県土整備部河川課総括課長)
    南正昭 氏(アドバイザー 岩手大学理工学部教授)
  •  コーディネーター
    原田吉信 氏(3.11 伝承ロード推進機構業務執行理事)

5、申込方法

申込み専用フォームから

申込みフォーム


6、お問い合わせ

一般財団法人3.11伝承ロード推進機構
(担当:佐藤 勝也)
022-393-4261