イベント

<釜石市>令和3年度「津波防災の日」イベント

イベント概要

11月5日の「津波防災の日」「世界津波の日」にあわせ、スペシャルイベントを行います。

津波は、迅速かつ適切な避難によって、人的な被害を相当程度軽減できる災害です。今年度の「津波防災の日」スペシャルイベントは、「誰一人として犠牲にならない津波防災」をテーマに、様々な主体や視点から津波防災に取り組む方々の活動を、岩手県釜石市から発信します。

ぜひご参加ください!

開催時間 14:00~17:00
開催場所 釜石市民ホールTETTO(+オンライン)
住所 〒026-0024 岩手県釜石市大町1丁目1
連絡先 -
ホームページ 津波防災特設サイト|内閣府
テーマ『 ~震災から10年~ つながりが創る復興と防災力 』

1、開催日

令和3年11月5日(金)
14:00 ~ 17:00


2、会場

釜石市民ホールTETTO
(〒026-0024 岩手県釜石市大町1丁目1)

※現地とオンラインのハイブリッド開催


3、参加費

無料


4、主催

内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議

事務局:一般財団法人関西情報センター


4、プログラム

【開会挨拶】内閣府特命担当大臣(防災)

【第1部 基調講演】

「東日本大震災の教訓と今後の津波防災」
今村 文彦(東北大学災害科国際研究所 所長)

【第2部】

「誰一人として犠牲にならない津波防災」にむけて
~各地の津波防災に関する取組の紹介と意見交換~

  • ファシリテーター:鍵屋 一
    (跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)
  • 登壇者:
    丸木 久忠(釜石市防災市民憲章制定市民会議 議長)
    田村 康隆(酒田市総務部危機管理課 主事)
    杉安 和也(岩手県立大学総合政策学部 講師)
    上薗 怜史(NPO法人まちづくりツクミツクリタイ)
    大瀧 あずさ(四日市市自治体連合会 事務局長)
    村上 威夫(内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当))

5、参加申込

以下のフォームに必要事項を記入の上 送信。

\申込締切:11月2日(火)まで/
参加申込フォーム


 6、お問い合わせ

一般財団法人関西情報センター
nstaff@kiis.or.jp